水たまり

建築現場に置いておく木材には撥水剤を使って雨や汚れを防止

建築現場に置いておく木材は、濡らして使えなくなってしまうことを絶対に防がなければいけません。もしも濡らしてしまったら、大きな損失が出てしまうことも覚悟しなければいけません。そうならないように前もって手を打っておく必要がありますが、その際に注目されるのがフッ素コーティング剤などの撥水剤です。撥水剤を使っておけば、木材が湿気って使い物にならなくなるのを防止できます。

どんな建築現場なのかにもよりますが、日本は全体的に湿度が高い国です。ですから建築現場に木材を置く以上は、何かしらの湿気対策が必要不可欠です。そんな時こそ撥水剤の出番で、撥水剤が使われている木材は湿気にとても強くなります。ただ単に湿気に強いというだけでなく雨の影響や汚れを防ぐことができるのですから、撥水剤がどれだけ優れているのかよくわかります。

たとえ木材にシートを被せていたとしても、完全な室内でなければ雨に濡れてしまう可能性があります。木材を雨に濡らしてしまうのは防がなければいけないですが、撥水剤を使えば雨や汚れの防止に努められます。撥水剤を使うのと使わないのでは木材の状態に大きな差が生じるため、建築現場の木材には撥水剤が使用されているのです。

フッ素コーティング系撥水剤はタッチパネルの操作を阻害しない

タッチパネルは水濡れにより操作性が低下、もしくは誤作動したり反応すらしなくなったりといった問題があります。そこでタッチパネルが水濡れ防止対策として撥水剤を使用するのが効果的で…

水回りの金属製品やプラスチック製品などにも撥水剤が使用できる

水回りなど水を大量に使用する場所において、水流れを良くし乾燥を早めたり、腐食防止を図る方法として撥水剤が効果的です。しかし、安価な撥水剤はシリコーン油とプラスチック樹脂を有機…

衣服や靴を水から守る防水スプレーの原液に撥水剤が用いられている

衣服や靴を水から守るために使用される防水スプレーの原液には、撥水剤と呼ばれるものが用いられています。衣服や靴は水に強くありませんから、水の影響をなるべく受けないようにしないと…

建築現場に置いておく木材には撥水剤を使って雨や汚れを防止

建築現場に置いておく木材は、濡らして使えなくなってしまうことを絶対に防がなければいけません。もしも濡らしてしまったら、大きな損失が出てしまうことも覚悟しなければいけません。そ…